富士計測システム株式会社

LPFボックス(ローパスフィルタ)

VU-0003シリーズ

ノイズや機械的振動から発生する電気信号の脈動を簡易に低減・除去します

LPFボックス(ローパスフィルタ(ノイズフィルタ))は、ノイズや機械的振動から発生する電気信号の脈動を簡易に低減・除去する機能を有します。
 カットオフ周波数より低い周波数成分を通過させ、高い周波数成分は一定の減衰特性を持って、減衰させるものです。
 センサ出力とデータロガーの間にBNCケーブルで簡単な接続、設定不要となっています。

下記のお困り解決に最適な製品です。
 ■お手持ちのデータロガーの波形はノイズだらけ
 ■センサ出力の脈動をもっと抑えて平均値をみたい
 ■データロガーの設定はややこしい。簡単にフィルタをかけたい

標準仕様

項目  仕様
最大入力電圧  ±15V
定格入力電圧  ±10V
カットオフ周波数  0.5Hz
 1Hz
 10Hz
 100Hz
減衰特性  -20dB/dec
DC減衰特性

0.3%以内(1Hz・10Hz・100Hz)

0.5%以内(0.5Hz)

付属ケーブル  BNCケーブル(50Ω)0.5m 1本
電源  不要

 

オプション

追加BNCケーブル1本
・BNC0.5m:BNC-BNCケーブル(50Ω) 0.5m
・BNC1m:BNC-BNCケーブル(50Ω) 1m
・BNC2m:BNC-BNCケーブル(50Ω) 2m

オーダーコード

VU-0003-001—カットオフ周波数 - BNCケーブル—オプション番号

カットオフ周波数:0.5Hz、1Hz、10Hz、100Hz
オプション番号 :BNC0.5m、BNC1m、BNC2m

オーダーコード例
カットオフ周波数:0.5Hz、オプション:無しの場合
VU-0003-001-0.5Hz-BNCケーブル
カットオフ周波数:100Hz、オプション:BNC2mの場合
VU-0003-001-100Hz-BNCケーブル-BNC2m